外国人を雇ったら、まずは済ませておくべき手続き

ようやく外国人労働者が会社にやってくる日が決まれば、これから頑張ってもらおうと思うでしょう。

でも、日本に来た日からバリバリ仕事をしてもらうというわけにはいきません。


日本で働く、日本で住むということが初めての外国人労働者にとってやるべき手続きなどがありますので、必ず済ませておかなければなりません。


初めて外国から人を雇うとなると、本当に何をしていいかがわかりませんので調べながらも面倒なことは早めに済ませておくべきですね。

住民登録を役所へしに行く

新たに雇うことになった外国人労働者に住む場所(部屋)を事前に用意してあげることは「外国人労働者をどこに住ませる?」で紹介しましたが、当然、新たに住むということは住民登録(転入届け)を役所に提出しないといけません。

といっても難しいことはなく、役所で外国人を新たに雇用することになりましたということを伝えれば、手続きの方法を教えてくれます。


必要になるのは、在留カード(ビザ)です。

登録を済ませると在留カードの裏に住所を印刷してくれるので、これで完了。

通帳を作りに行く

お給料を手渡しするにしても、振込みをするにしても現金を部屋に溜め込ませるわけにはいきませんよね。

お金を貯金しておくための通帳が必要です。

なので、郵便局または銀行に連れて行ってあげよう。


また、多くの外国人労働者は母国にいる家族にお給料の一部を送金すると思います。

なので、海外送金の手数料が安い郵便局がよいのではないでしょうか。


私達が通帳を作る時には印鑑が必要ですが、外国人労働者である彼らの場合はサインでもOKみたいです。

あと、通帳を作る時にも在留カードが必要になりますので必ず持って行きましょう。

会社の雇用契約書を作成する

会社によっては労務士と契約していないところもあるかと思いますが、弊社は年間労働日数や雇用契約、助成金の手続きなどをすべて労務士さんにお任せしています。

外国人労働者との契約についても、会社規定の雇用契約書を作成して本人に説明の上サインしてもらいます。


雇用契約書の中には、賞与の有無、残業の有無、昇給の有無から契約期間などを記載しています。

基本的に研修生としてではなく、技術者として外国人を雇用した場合は日本人を雇用した場合と同じです。

会社概要

有限会社平野製作所
〒582-0015
大阪府柏原市大字高井田1288-5
TEL:072-977-6161
FAX:072-977-6160

担当携帯:090-7766-6242

メールでのお問合せ

管理人紹介

平野 暁彦

平野 暁彦

ベトナム人を雇いました!

外国人労働者

忙しいあなたもこれ1本でOK!

オールインワン化粧品

浄水器じゃないよ!水処理装置!

エルセ
人材募集