中国アルミダイキャスト

古来より金属成形技術の1つとして利用されてきた鋳物。

溶かした金属を砂型や金型に流し込み固めて作る方法であり、日本でも古くから貨幣、大仏などを作るのに活用されていました。

今日でも、マンホールの蓋、バルブやポンプの他、重工業用品・自動車用品などの製造には欠かせません。


世界での鋳物生産量は2000年代に入り、中国がアメリカを抜いて世界一位となりました。

それに伴い、アルミダイキャストも多くが中国で生産されています。


中国には15,000社以上の鋳造会社があるが、日本や欧米の大手メーカーの製品を手掛けている実績のある工場を見つけるのは案外難しかったりする。

本当に信頼できる工場は、継続的に様々な大手企業の仕事を複数のルートを経由して受注し続けているのであまり営業活動を活発にしていないこともあるからです。

弊社では、そんな中国の鋳造メーカーを現地でリサーチし利用している中国代理店をご紹介できます。

ご紹介に当たって、商業取引は代理店と直接お願いします。

弊社はご紹介するのみにどとまらせて頂いております。


※代理店は日本人が経営している会社で、全て日本語で対応してもらえますので言葉の心配は無用です。

どんな企業の仕事を受けているのか

顧客は自動車産業から工具メーカーなど様々な分野に渡ります。

大手企業の製品を生産する優良な鋳造企業は工場の外観だけでは判断がつきにくく、一見すると「こんなところで!?」と思ってしまうような所だったりします。


実際に日本企業から品質確認などの目的で視察が数回入っているというが、問題なく継続して受注できているようです。

こうした鋳物製造を請け負う中国工場はホームページを持っていないところも多くいですが、展示会や現地企業の紹介などで運よく巡り合うこともあります。


もし、鋳物でコストダウンを図りたいとお困りでしたら一度見積もりからでもいかがでしょうか。


→ info@hirano-s.jp


アルミダイキャストメーカー例

実際に中国代理店を通してご紹介できるダイキャストメーカーの情報例です。


会社設立:2010年10月

所在地;江蘇省無錫市

工場面積:敷地10500㎡,建屋7650㎡

従業員数:70人(うち技術員10人,品質担当10人)

取扱い商品(2018年12月現在)   



無錫(むしゃく)は上海市から西に位置する都市で、近くの蘇州などは多くの日系企業が進出した地域でもあります。

  

業界主要顧客売上比率
自動車部品HYUNDAI(現代自動車), KIA(起亜自動車)30%
電動工具部品STANLEY(スタンレー電気株式会社)
20%
発電機・タービン部品AREVA(アレヴァ)10%
機械部品
10%
モーター部品(ケース等)
10%
証明部品
10%
その他
10%

鋳造工場

測定機器

二次加工

ダイキャストのバリ取りや、機械および手作業による二次加工も行っています。

主要設備

主要生産設備台数主要測定機器台数

300T鋳造機

1三次元測定機1
500T鋳造機
2X-ray1
680T鋳造機1

光谱

1
900T鋳造機1

マイクロメーター(日本

2
1250T鋳造機1

ハイトゲージ(日本

1
連続溶解炉1

デジタルマイクロメーター(日本

10
アルミ合金熱処理炉1

デジタルノギスドイツ製

10
コンベア式ショットブラストマシン1

硬度測定器(日本

2
ハンガー式ショットブラストマシン1

粗さ測定器(日本

1
汎用旋盤1

螺纹千分尺(日本

2
CNCマシニングセンター5

材料万能試験機

1

製品例(自動車関連部品)

製品例(電動工具部品)

製品例(モーター部品)

製品例(証明器具部品)

製品例(発電機・タービン部品)

会社概要

有限会社平野製作所
〒582-0015
大阪府柏原市大字高井田1288-5
TEL:072-977-6161
FAX:072-977-6160

担当携帯:090-7766-6242

メールでのお問合せ

管理人紹介

平野 暁彦

平野 暁彦

余ったブラインドナットの少量販売

ベトナム人を雇いました!

外国人労働者

部品加工したい人は↓↓↓

人材募集