フライス加工

フライス加工付属品

フライス加工は被切削材をバイス(写真1)やマグネットチャック(写真2)で固定もしくは、機械のテーブルにクランプして固定して切削することが多いです。

フライス加工付属品

写真1

フライス加工付属品

写真2

フライス加工付属品

旋盤加工品の丸材の場合はチャックを仕様する場合もあります

位置決め芯出し

位置決め芯出し

加工をするにあたり、座標を決める必要があります。
その時に仕様するのが“芯出しバー”(右写真)です。
先端部分をずらして600回転/分程度で回転させて使用します。
他にも、タッチセンサータイプの物など種類はいくつかあります。

位置決め芯出し

数が沢山ある場合などは、一つ一つ芯出しをすると手間がかかるので、右写真のような“当り”(自社作成品)を使用することがありますテーブル等に“当り”を固定しておけば、材料を固定する位置が決まるので加工が楽になります。

高さ調節

高さ調節

高さ調節には、ハイトゲージを使用します。
ハイトゲージにもブロックのもの(右写真)や、ダイヤル式のもの、センサータイプのもの等が幾つかありますが、場合によっては刃物を回転させ、削り取ってしまう部分に直接当てて調節することもあります。

主な加工

フライス加工ではフェイスミルやバイト、エンドミルで品物を多様な形に削ることができます。

主な加工
主な加工

簡単な加工から加工手順が重要となる加工まで様々ですが、基本的に品物を固定して、刃物を回転させて切削することは共通しています。

時には“治具”を用いて加工しないと難しいものがあります。
バイスでは上手く固定できないような品物の場合は、それを固定する部品を作り、そこに固定したりして切削します。

治具例

治具例

治具を用いて作成した製品例

治具を用いて作成した製品例

穴あけ加工はドリル、リーマ、ボーリング加工などがあります。
穴の交差が必要な場合はリーマやボーリングを使用します。

ドリル加工

ドリル加工

ボーリング加工

ボーリング加工

変則的にはヘリカル加工と言われる方法で穴(ポケット)を加工することもあり、特に貫通ではなく、止まりの穴(ポケット)の加工をする場合に多く用います。ヘリカル加工は刃物を回転させながら螺旋状に切り込んでいく加工です。
その他にも、三次元加工をすれば簡単な電極なども作れます。

主な加工
主な加工
主な加工

また、市販のエンドミルなどではなかなか思うように加工できない形状がありますが、その時はエンドミルを砥石で成形して使用することで対処しています。

会社概要

有限会社平野製作所
〒582-0015
大阪府柏原市大字高井田1288-5
TEL:072-977-6161
FAX:072-977-6160

担当携帯:090-7766-6242

メールでのお問合せ

管理人紹介

平野 暁彦

平野 暁彦

仕事とは全く関係ないことばかりですが、町工場や健康のテーマを中心に雑多に思ったことなど色々と書いていますので、興味があれば覗いてやってください。    



管理人と事業提携している台湾の会社に所属する敏腕ビジネスウーマンの共同ブログ。

台湾のものづくりと文化に関することを書いています。



楽天やヤフーショップでも販売している弊社取引先の関連会社様のオールインワン化粧品『潤る温泉水』ですが、管理人も使用させてもらってます。

肌の乾燥・シミ・しわにジワジワ効果を感じますが、それよりもココだけの話、水虫や肌荒れにも効きそうです。

町工場は安全靴を履いて作業するので、水虫になりやすいんですよね。

気になる方は一度使ってみてください。

ちょっとお得購入できますのでお問合せください。


詳細はこちらから


本商品を企業様として取り扱いたい場合は直接メーカー様へのお取次ぎもいたします。

商談はメーカー様と直接お願いいたします。

弊社は一切商談には関与いたしませんのでご了承ください。



弊社が特許申請で大変お世話になった特許事務所です。

町工場のくすぶっているアイデアを保護してもらいましょう!

弊社特許申請の経験談は コチラ から