海外製の部品加工

海外、特に中国や台湾に部品加工を依頼すると聞くとどうしても品質が粗悪でないのか?という疑問が出てくると思います。

しかし、実態は中国、台湾でも韓国でも結局は日本と同じで、素晴らしい加工会社もあれば本当にひどい管理をしている加工会社もあります。


精密部品加工を請け負う会社の中で、素晴らしい技術を持つ会社は今や日本の会社以上のレベルに達しているところも珍しくはありません。

一昔前までは、人海戦術による大量生産ばかりを中心に請け負う会社ばかりが注目を浴びていましたが、それももはや飽和状態になりつつあります。

今の主流はより品質の良いものを、より低コストで提供することをモットーに「信頼を得る」というスローガンを掲げている会社が増えてきています。


弊社の海外協力会社もこれまで、いくつか試してきましたがスタートした当初は粗悪品が横行するばかりで困難を極めましたが、日本という国の日本人の心理とはどういうものか、何をすることが結果的に息の長い良い仕事に繋がっていくのかを説くことを強く訴え続けることで、今では品質のレベルもかなり向上しております。

大手自動車メーカーや製鉄、鋼管関係の会社様にも納品実績があります。


海外生産部品はコストを安く抑えられるのか?

海外生産を選択することの一番のメリットをコスト削減と掲げる会社様は非常に多く、実際、そうであるかもしれません。

しかし、日本のものづくり技術、機械、人が次々と海外に流出してどんどん生産拠点が急速に海外へ移っています。

かつては人件費が安く抑えられることもあって、コストダウンというメリットが占める部分は大きかったのですが、中国でも大都市部では日本とさほど変わらない加工コストにまで上昇しています。


もはや、一概に「安い」という理由だけで海外生産を選択する余地は無くなってきているのではないかと感じられる日々です。

中には運搬コストや関税などを考慮すると、国内で生産する方が安く収まるものもありますので、大きな期待を持つことは避けなければならないところです。


海外生産を選択することの意味はあるのか?

まず初めに、海外生産つまり外注を「使う」という概念を捨てることが大事であると明記しておきます。

仕事は「お願い」するものであって、「やらせる」ものではないということ。


こうした人間の心の関係は、日本人であろうと中国・台湾人であろうと同じです。

「やってくれて有難う」という気持ちを持ちながらお付き合いすることです。


先ほど、コスト削減だけを目的に海外生産を考えることは難しくなっていると書きました。

海外の加工技術の向上は使用する機械性能の向上と相伴って驚かされる部分も多いです。

部分的には、いまだ人海戦術によって大量生産に対応される会社もありますが、ケース・バイ・ケースで使い分けをする必要があります。



国内では製造技術レベルの高い企業へ新規で加工相談することに対してハードルが高くなっていることもあります。

それは、主要大手メーカーあるいはその専属商社などが、そういった加工メーカーを押さえてしまっているからです。

そうなると、弊社のような零細企業は相手にしてもらえないこともありますが、これが海外ですとまだ潤滑に話しをすすめることも可能となることがあります。


あるいは、日本のものづくりに携わる職人の高齢化も大きな問題であり、コンピューター制御の機械だけでは難しい加工をかつては汎用機を駆使して製造していたものさえ、もうその汎用機を十二分に駆使できる職人さえ少なくなっているのが現状です。

どんどんシャッターを閉める町工場が増えていく問題を即座に解決する手段は大きな課題である一方で、「人」の問題でもあるので、おそらくは今後は日本のものづくりの空洞化は暫く続くと思われます。


そんな時こそ、国という縛りを解いて中国や台湾の会社様とも息の長いお付き合いをするようにしていくことが、大きな意味を成すと考えられます。



海外生産への不安を持つお客様への提案

海外生産であれ、国内生産であっても出来上がる製品の質というのは、常にトラブルがはらんでいることには変わりありません。

品質安定のレベルの違いは多少あるかもしれませんが、提携する企業によっては自社で製造するよりも高品質な製品を提供してもらえることもあります。


問題は大きく2つです。


1つは材料の問題。

これは、国・会社によって採用している材料の調達メーカーが異なるということです。

少し前には、中国製のプレス金型がよく割れてしまうというトラブルを聞いたことがありますが、これこそ、加工品質の問題ではなく素材の問題であった例です。むしろ、加工品質は日本よりも素晴らしい技術を持っているとさえ言われているところもあります。

この問題を解決するためにも、事前に使用する材質のチェックは必ずするようにします。


もう1つの問題はお客様の心の問題。

どうしても、海外生産ということに難色を示されるお客様は少なからずいらっしゃいます。

そんな時のためにも、弊社ではサンプル提供という1つの提案をさせて頂くことがあります。


もちろん、製造する部品にもよりますが、とりあえずサンプルとして海外生産品をお渡しして、もしも受け入れ可能でしたら代金を支払ってもらう。到底、受け入れ難いのであれば返品していただくということです。

こうすることで、金銭的リスクをほぼ無くした上で海外での部品調達を試してみるということができます。



海外製部品のサンプル例


もしも、海外生産にご興味を持たれましたらご連絡いただければ、対応可能な加工内容であるかをご返答させて頂きますので下記メールアドレスまでお願い致します。


 info@hirano-s.jp


弊社では台湾現地の企業、鑫嘉豐實業有限公司(HCF株式会社)の協力により、台湾と日本の金属加工の架け橋になるべく活動をしております。


台湾の企業の特徴なども紹介ていますので、興味のある方は「台湾の金属加工会社」のページをご覧ください。

海外企業様へ

ここ数年、中国・台湾の現地企業様から弊社宛に新規取引を依頼されるお問い合わせをたくさん頂きますが、返答はしておりませんのでご了承ください。


弊社では現地で協力して頂いているマネージャーを介して各企業様に加工協力を頂いております。

マネージャーの視察などによって開拓した協力会社様に限定しているのは、納期管理や品質管理に透明性をもたせるため。

また、会社は加工技術の良し悪しだけで決まるものではなく、人と人がうまくやっていけるのかどうかが大切だと考えているためです。


それ故、現状は弊社ホームページを経由した海外の新規取引に関するお問い合わせは受け付けておりません。

会社概要

有限会社平野製作所
〒582-0015
大阪府柏原市大字高井田1288-5
TEL:072-977-6161
FAX:072-977-6160

担当携帯:090-7766-6242

メールでのお問合せ

管理人紹介

平野 暁彦

平野 暁彦

仕事とは全く関係ないことばかりですが、町工場や健康のテーマを中心に雑多に思ったことなど色々と書いていますので、興味があれば覗いてやってください。    



管理人と事業提携している台湾の会社に所属する敏腕ビジネスウーマンの共同ブログ。

台湾のものづくりと文化に関することを書いています。



楽天やヤフーショップでも販売している弊社取引先の関連会社様のオールインワン化粧品『潤る温泉水』ですが、管理人も使用させてもらってます。

肌の乾燥・シミ・しわにジワジワ効果を感じますが、それよりもココだけの話、水虫や肌荒れにも効きそうです。

町工場は安全靴を履いて作業するので、水虫になりやすいんですよね。

気になる方は一度使ってみてください。

ちょっとお得購入できますのでお問合せください。


詳細はこちらから


本商品を企業様として取り扱いたい場合は直接メーカー様へのお取次ぎもいたします。

商談はメーカー様と直接お願いいたします。

弊社は一切商談には関与いたしませんのでご了承ください。



弊社が特許申請で大変お世話になった特許事務所です。

町工場のくすぶっているアイデアを保護してもらいましょう!

弊社特許申請の経験談は コチラ から